HOME>注目記事>日照時間や方角、降水量などに応じた塗装工事を行います

素材によっては、費用を抑えられます

ローラー

住宅の外壁が古くなってくると、雨水が住宅の内部に侵入してしまい、住宅の寿命を短くする原因になってしまいます。一部にひび割れが見られたり、指でこすると白い汚れが付く時は、外壁塗装工事を行う必要があります。福岡の専門業者は、地域に密着をしているので、迅速で丁寧な応対を心掛けています。住宅の外壁は面積が広いので、決して安い工事ではないですが、使用する素材によっては費用を抑えることも出来ます。住宅を建ててから、8年から10年を過ぎている場合は、外壁塗装工事を検討することが大事です。福岡の専門業者に依頼しておくと、希望の日時に訪問をして、外壁の状態を調べてくれます。

福岡の専門業者は、アクリルやシリコン、ウレタン、フッ素などの外壁の塗料を取り扱っています。住宅の形状や日照時間、降水量によっても、最適な素材が違ってきます。耐久性を重視したい場合は、費用はやや高めですが、フッ素やウレタンなどがお勧めです。福岡の専門業者では、使用する塗料の種類が決まったら、工事の日程を決めてくれます。外壁塗装工事は、降水量の多い梅雨などの時期は避けることが大事です。すべて外での作業なので、リフォーム期間中も家に住み続けることが出来ます。

福岡の専門業者は、工事の日程が決まったら、住宅の周りに足場を設置してくれます。高圧洗浄機を使って、藻やカビ、汚れなどをきれいに落としてくれます。福岡の専門業者は、口コミでも評価が高いので、安全性の高い外壁塗装工事を心掛けています。なるべく騒音や振動を抑えた工事を心掛けているので、近隣とのトラブルを避けることが出来ます。福岡の専門業者は、家の広さによっても多少の違いがありますが、2週間程度で外壁塗装工事を終えることが出来ます。